デジプロ 映像制作・ビデオ撮影・青森・弘前

ビデオ撮影・映像制作・結婚式・ウェディング・イベント・ハイビジョン撮影・青森・弘前を拠点に活動中。

ハイビジョン撮影・blu-ray

ハイビジョン撮影を10月中旬に行いました。
撮影はウェディングで2時間以上のものでしたが、編集が終わりBlu-rayへ書き出し、完成したものをハイビジョンテレビで見てみると今までのDVDとは、比べ物にならないくらいきれいではっきりとした映像になっていました。
アナログテレビからハイビジョンテレビに移行し、また今後ハイビジョンテレビのサイズがどんどん大きくなっていくことも考えると、これからはハイビジョン撮影のBlu-rayで映像を楽しむ時代になるものと思います。

 

ハイビジョンカメラ

弊社もハイビジョン撮影への移行時期を、1年前から考えていましたがついに購入することを決断いたしました。
ハイビジョン撮影による良し悪しから、HDVテープ対応カメラは選択からはずした。HDVテープに保存してもヘッドとテープの間にホコリなどが入った場合、15フレーム(0.5秒)使えなくなってしまうというテープならではのリスクがある。それと編集前のパソコンに取り込む時間が今までと同じくかかってしまうことも要因の一つです。
ただ編集に関してはどのソフトも以前から対応していることはプラス要因ではあった。

ただ弊社の場合は、効率的なワークフローとリスクの少ない撮影からテープレスのハイビジョンカメラを選択。
仙台のsony関係者の話からも、HDVハイビジョンカメラよりも、数段データ量が多く、画質がきれいだということと、1920×1080のフルハイビジョンにも対応できることが決め手となった。
編集ソフトがハイビジョンに対応し、Blu-rayにも効率よく書き出せる環境が、整ったと判断し、ハイビジョンカメラとその周辺機器・対応パソコン2台を購入。これでハイビジョンに対応出来る環境が整いました。

当日撮影エンドロール

1人のカメラマンと1人のビデオ編集者が会場に入り、撮影しているビデオ映像を、無線で飛ばしてパソコンで編集。
新郎新婦が最後退場した後に、当日の映像と列席者の名前が映像として流れるエンドロールのことです。
なかなか人気のある商品です。スタッフも必要になるため出来ない場合もございます。この場合はご了承下さい。

前撮撮影エンドロール

写真の前撮り撮影のときに、ビデオカメラマンが1人入り撮影いたします。5分程度のものになりますが、いろいろな角度から新郎新婦を撮影するためとても面白い映像が出来上がります。列席者の名前は事前に準備が必要です。